Zero Waste log

ゼロウェイストにはまだまだ程遠いけれど、ゼロウェイストを試みる日記

ポスティング・チラシ問題

ポスティング問題についてはあまり気に留めていなかった。
賃貸マンションの場合、たいてい集合ポスト付近にゴミ箱があり、不要なチラシなどはその場ですぐに処分できてしまうからだ。
しかし、ゼロウェイストを意識し始めてから、そのゴミ箱の袋が燃えるゴミの袋である事に気付いてしまった。
ポスティングされるものには、ご丁寧にビニール袋に入れらているものや、マグネット仕様になっている水道管修理の広告もあり、また、普通のゴミを投棄する輩もいるので、燃えるゴミ袋なのだろう。
週に一回程度共用部分を清掃にくる業者の方が、リサイクルできる紙をわざわざ資源用ゴミ袋に分別しているとも思えないので、大量のチラシ類はそのまま燃えるゴミとして捨てられているものと思われる。

 

チラシ不要の張り紙を貼りたいのは山々なのだが、集合ポストはあくまで共用部分なので張り紙等はしてはならないルールとなっており、管理業者の見回りも厳しいので難しい。
苦肉の策として、自分のポストに入れらた物は、責任を持って家に持ち帰り、紙ゴミは資源ゴミとして出すことにしている。

 

ところで、ポスティングされる物で多いのは、分譲マンションの広告、クーポン付きのフリーペーパーなどだ。
また、新聞購読の広告ハガキも多く、新聞の折り込みチラシだけがビニールコーティングされ、ポストにごっそりと入っていたりもする。

毎日のようにしつこくポスティングされる分譲マンションの広告を見ても、「マンション売れてないんだろうなー」としか思わないし、同じマンションが数ヶ月で何百万単位で値下げされていくのを見て、もともとゼロに近い購買意欲が「買ってはいけない」のレベルになった。
また、地元で本当に人気のあるお店は、決してクーポン付きフリーペーパーには載っていない。

さらに、マグネット式広告の会社など、それだけで胡散臭さがして悪徳業者としか思えないし、
新聞の折り込みチラシのポスティングに至っては、新聞というメディアの末期症状を感じる…。

「広告」であるはずのものが、どれもこれもマイナス効果にしかなっていないのは、どんな皮肉ですか。

ポスティングされるもので私が情報源としてまともに目を通すのは、ごくたまに入る共産党のチラシくらいのものだ。

 

私に限った事ではなく、ポスティングされたチラシなどを部屋に持ち帰っている人をついぞ見た事がない。
ほとんどがその場でゴミ箱に捨てられるだけの広告やフリーペーパー、
果たしてその労力やコストに見合うだけの効果はあるのだろうか。