Zero Waste log

ゼロウェイストにはまだまだ程遠いけれど、ゼロウェイストを試みる日記

段ボールコンポスト日記

ゼロウェイストの存在を知り、早約5ヶ月。

 やっと段ボールコンポストを手に入れた。

 

 例えば、ヨーグルトや納豆を自作する、というのは私にとっては神の領域に等しく、

それと同じ様に、コンポストにも手を出してはいけない気がしていた。

 

以下、前科前歴

・ぬか床を数週間で腐らせる
・発酵させるつもりの米麹を腐らせる×2
・豆乳から豆腐を作ろうとしても、まともな豆腐ができたことがない
・自作の化粧水を作って肌が荒れまくる
・裁縫といえば、取れたボタンを縫い付けるくらい

・発芽させたもやしが突然腐る  ←New!

 

…こんな人間がコンポストなんて、

大惨事しか想像できない。

 

でも、ゼロウェイストの存在を知って驚くほどゴミが減り、

けれど生ゴミだけは確実に毎日出るという状況で、

生ゴミを見つめる度に、コンポストに思いを馳せる。

こんな毎日で、コンポストをやらないわけにはいかなかった。

 

そして結局、散々批判していた楽○のネット通販で、キットになっている物を購入してしまった。

(コンポストを販売している会社自体はとても良い印象です)

 組み立て式かと思いきや、組み立てられた状態で、梱包材に包まれて届く。

また一つプラゴミを増やしてしまった。

(私の住む自治体では、

気泡状緩衝材は、プラのリサイクルに出せるとのことなのでリサイクルに出します。

綺麗な部分は再利用します)

 

f:id:kominski:20171111220439j:image

 

セット内容

 f:id:kominski:20171111220505j:image

  

狭いキッチンに設置したので、収納の一つが開かずの扉となる。

 f:id:kominski:20171112121201j:image

段ボールの下には、通気性を確保しなければならないとのこと。

家にあったプラのカゴをとりあえず使う。

 

寒くなるこの時期に始めるのは、あまりよろしくないとのことですが、どうなることでしょうか。

今後、観察日記を付けたいと思います。