Zero Waste log

ゼロウェイストにはまだまだ程遠いけれど、ゼロウェイストを試みる日記

職場でのゼロウェイスト?否、地味なエコ活動

PCの前にほぼ座ってるだけのデスクワークだが、細々としたゴミは確実に出る。

仕事で出るゴミに関しては、自分ではコントロールできない場面がほとんどだ。


また、紙カップに入ったコーヒーやら、超過剰包装のお菓子の差し入れを貰う事もあるが、

その気遣いや優しさは純粋に嬉しい。

ゼロウェイストに反するので遠慮しておきます、なんて言えない

(「コーヒー買ってこようか?!」という様なシチュエーションならば断るようにしているけれど)。


それらにいちいち目くじらを立てていたら精神的にやっていられないので、

職場ではゼロウェイストと呼べるような事はできていない…

が、できる範囲でやっている事を挙げてみる。

 


・ゴミの分別を徹底する

家では当たり前の事なのに、職場では徹底してできていなかった。

 


・支障のない限り、両面コピーにする

 


・片面印刷されたコピー用紙は、支障のない限り必ず裏紙として再利用する

 

・プリントアウトやコピーは、裏紙で良い場面では必ず裏紙を使う

 


・会議の資料など、予備で多めにコピーするのをやめる

 

・芯のいらないホチキスをできるだけ使う

一定枚数以上の枚数は止められないが、強度はそれなりにある。

そのままシュレッダーにかけられるのが何より便利。

 

・裏紙でメモ帳

10年以上前の古く黄ばんだ裏紙でメモ帳を作ったら、若干変な臭いがしたが気にしない事にする。

 


ポストイット原則禁止

かつてはポストイット魔と言ってもいいほど、ポストイットを無駄に使いまくっていた。

たまに袖にポストイットを付けたまま気付かず、人に指摘される始末。何故か背中に付いていたことすらある。

ポストイットは、絶対に必要という場面以外では使わないことにする。

 


・文房具は持っているものを使い切る

ここ数年文房具は買っておらず、

職場でも、家に大量にあったペンやマーカーをせっせと消費している。

ペン類は購入してから数年経つと出にくくなったり、

インクが残っていても、途中で書けなくなったりしてしまう。

スティックのりも乾燥して使いにくくなったりするし、文房具にも鮮度がある事を痛感している。

手書きで紙に書く事自体も減ってしまった今、ほとんどボールペンの出番は無いのだが、

脳にも良さそうなので、なるべくこまめにメモを取るようにしている。

 


・備品を買う際は、できるだけエコフレンドリーな商品を選ぶ

備品を買わなければいけない局面では、なるべくエコ商品を選ぶ事にしている。

エコの記載があっても本当にエコかどうかは不明だが…

 

・PCはエコモード、使わない時間は画面をオフにする