Zero Waste log

ゼロウェイストにはまだまだ程遠いけれど、ゼロウェイストを試みる日記

セカンドハンドで購入した服

古着屋の臭いが苦手で、今まであまり古着を購入したことはなかったのだが、

ベア・ジョンソンの『ゼロウェイスト ホーム』を読んでから、セカンドハンドに俄然興味を持った。

 

以下、購入した物の紹介と反省。

 

➀ 某z○z○ usedで購入したスカート

コンディションAで、数回着用した程度と記載されていたが、

「数回」と言い張るのには無理があるダメージ感だった。

こんなものかと諦め、数回洗濯したところ、一気にボロボロになった。

ダメ元でBOOKOFFの古着買取に持って行ったが、案の定買取拒否される。

何度か着たものの、結局短い期間で捨てる事になってしまったのでこれは失敗だった。

 

➁某z○z○ usedで購入したニット

写真で見て、ある程度厚みがあると思っていたら、届いてみるとかなりの薄手で、縮んでしまっているのかサイズも小さい。

これらは、こちらの勝手な思い込みなので仕方ない。

しかし、やはりコンディションAにもかかわらず、

引っ掛けてできた大きな引きつれが何箇所もあった。

また、古着独特の匂いは3回手洗いしても落ちきれず、なんとなく臭う。

結局、一度も着ないまま、BOOKOFFで買い取ってもらうことにした(購入価格の10分の1の値段で売れた)。

これは大失敗だった。

 

➂メルカリで買ったカーディガン

アウトドア専門店で試着したが、サイズがなく諦めたメリノウールのカーディガンが、

偶然にもメルカリに出品されていたので購入した。

届いてみると、タグの付いた新品未使用なのだが、カビ臭い。

2回ほど念入りに手洗いしたら、匂いは取れた。

結果としては、半額程の値段で良い物を購入できたので良かった。

 

反省とまとめ

・古着は一見綺麗に見えても、物としての寿命が突然訪れる可能性がある。


・いくら手軽でも、ネットで現物を見ずに古着を買うのはリスクが大きい。


・z○z○ usedのコンディションは信用できない(今回の反省から退会した)。