Zero Waste log

ゼロウェイストにはまだまだ程遠いけれど、ゼロウェイストを試みる日記

3以上の数は把握できなくなる

とある本で、人間はもともと3以上の数は、脳内で管理できない云々、という話を読んだ。

ローマ数字、漢数字、アラビア数字も「3」までは単純に三つの線を組み合わせてできていることからも、説明できるらしい。

 

確かに、自分の物であっても、同じ物が三つ以上あると、

途端にいくつあるのかあやふやになってくる。  


たとえば、靴下は何足持っている?と刑事に詰問されることがあったとしても、

正確には答えられない人が多いのではないだろうか。


そこで、下着、靴下、タイツ、インナー、シャツなど、

一度着たら必ず洗濯するため、複数枚必要な物についても、

種類ごとに3枚を上限とすることにした。

洗濯を毎日していれば、むしろ2つでも足りるくらいだ。

(例外として、過去に入院した経験から、

下着は少なすぎるとちょっと恐怖心があるので予備あり)

タオルも種類ごとに一人3枚あれば十分。


同じ種類の物は3つ以上持たないと決めると、

持ち物の在庫表が、脳内でだいたい管理できるので、物の管理が格段に楽になる。

収納も少なくて済むし、

劣化して買い換える以外は、買い足す事もないので無駄な出費も減る。

 

思い返すと、かつて同居人は実家から、30足以上の靴下をもってやってきた。

そして未だに実家から、時折靴下の差し入れがある。

(何か靴下にまつわる壮絶なトラウマが、夫の母にはあるのかも知れない)

 

ローテーションで一足について履く回数が少なくても、

一度洗濯した靴下は年月を経るとゴムなどどんどん劣化していく。

くたびれた靴下が詰まった収納は、なんともみすぼらしいものである。

3足なら、収納するまでもなくスッキリしている。