Zero Waste log

ゼロウェイストにはまだまだ程遠いけれど、ゼロウェイストを試みる日記

捨てる物にときめいてしまうアンチノミー

つい先日、食器を割ってしまったため、久々にネットで買い物をした。


その際、うっかりして

「簡易包装でお願いします。納品書等も不要です」

という一文を添えるのを忘れてしまった。


すると案の定、割れ物という事もあって、超丁寧で完璧な梱包で届いた。


おまけに明細書まで凝っている。

可愛いデザインの紙で、マグカップの形をしたクリップ付き。

 

f:id:kominski:20190313085053j:image
↑北欧風デザインのノートのように見えるが、ただの明細書である。あまりに“kawaii ”ので写真に撮ってしまった。

捨てるものなのにときめいてしまう場合、

konmari先生、どうしたらいいですか?


唯一、ゼロウェイスト的に嬉しかったのは緩衝材として新聞が使われていた事だ。

もっとも、日本の会社で日本から発送している筈なのに、何故かニューヨークタイムズ紙だった。

(プレゼントを包む際、日本の新聞だと怒られそうなのに、

英字新聞だと何故かオシャレ扱いになる謎現象の一種?)

 

私が購入したのは食器2点のみで、高いものでもない。

手間賃や、梱包材・良質な紙を使った明細書やらクリップ代を考えると、

利益っていくらになるのだろうと余計な心配をしてしまう。

と同時に、読売新聞なんかを適当に丸めた梱包で、明細書もわら半紙でいいから、数十円でも値引きしてくれた方が有難いぜ、と思う。

(値段だと他の店と差がつけられないから、企業努力なのだろうけれど)

ある時は、明細書がわざわざ可愛いデザインのクリアファイルに入っていたこともあった。

 

何はともあれ、

買った物以外にも、使わない上捨てるのに躊躇してしまう様な物が同封される危険があるのがネットショッピングあるあるだ。


ダラダラと書いてしまったが一行でまとめると、

お店への簡易包装をお願いする一言は忘れてはならないし、買い物するならばできる限り実店舗で買わなければと反省した。