Zero Waste log

ゼロウェイストにはまだまだ程遠いけれど、ゼロウェイストを試みる日記

ビニール袋氾濫社会、ニッポン

 


先日、久々に郵便局で切手を買う機会があった。

スーパーなどと違って、袋を断るぞっ!という気合いを入れていなかったため、

タイミングを逃してしまい、切手は薄いビニール袋に入れられてしまった。

(こういう場合は、後からでもなるべく袋を返すようにしている)

 

また時折、100円ショップで指定のゴミ袋を買うのだが、

毎回たった一点買うだけなのに、

断らなければ小さな手提げのビニール袋に入れられてしまう。


またある時は、金券ショップで新幹線のチケットを買ったら、

チケット数枚が、丁寧にカード用の袋に入っていた。

 

切手一枚だろうが、

鞄やポケットに入る様な小さな物だろうが、

頼みもしないのに、当たり前のように袋が出てくる。

そもそも受け取る物が小さすぎて、エコバッグすら必要がないのに、

ビニール袋が登場するのだ。

…こんな国って日本だけですよね?


こういう包装面での過度な気遣いや丁寧さを、

間違っても、「おもてなし」とか、ましてや「クールジャパン」なんて呼ばないで欲しい、というのが勝手な希望です。